Hopiの予言〜人類の過去・現在・未来〜

更新日:1月25日


画家 福田ゆき さんとネイティブアメリカンの地を訪れる旅

なぜこんなにもネイティブアメリカンに惹かれるのか?!


きっかけとなった旅・・・🦅


さかのぼること・・・


10年前はじめて訪れたネイティブアメリカンの地。


この旅に参加するきっかけになったのは、当時、働いていた美容室で


ご縁をいただいたお客様を通しての出逢いでした🤝✨



こちらの写真はゆきさんの展示会の時の模様。




今、まさに上の道を進むか又は、下の道を進むか人類の過渡期。


現在、地球が変化し始めていますが起こる出来事は決してネガティブではなく


地球にとって必要な活動であり、進化の時を迎えています。




上の写真の絵は、現在もネイティブアメリカンの大地に壁画として残っているものだそう。


彼らは、今よりもきっと高度な知恵や感覚を持っていた。と感じるほどに、


現代を太古の昔から既に予言されていたようです。


(ゆきさんは前世でも実際にこの壁画を描いていたらしく、上の写真の絵を描いている時もその時の感覚を覚えているのを感じたとおっしゃっていました)


















こちらの写真は2013年に開催された展覧会の様子。

(真ん中に黒い帽子を被っているのがゆきさん)




福田 ゆきさんの経歴の詳細はこちら↓

https://www.beams.co.jp/special/bgallery/post-195.html


「今の私たちは物質世界から精神世界にめざめないと、人間は、いや地球が駄目になってしまいます。そのことはホピの予言も教えてくれています。そして、人間が生きる為に一番大切なものは、太陽・空気・水・大地。私たち人間はこれらに一番感謝しないといけないのです」 ― 福田ゆき






















福田ゆきさん


アメリカ・インディアンと日本の交流を目的に、


80年代より一貫してインディアンの文化を自身の作品の発表や


文化活動の中で日本に伝え続けている。


ナバホの考え方に影響を受けた彼女は、人間だけが偉いのではなく、


動物や自然も皆で地球を共有しているのだと語る。


1976年から、米国アリゾナ州に住むネイティブアメリカンナバホ族の部落で、


原住民と一緒に暮らしながら、ネイティブアメリカン居留地にある


「ナバホ・コミュニティー・カレッジ」の、日本人初の卒業生。



誰に対してもオープンハートでパワフル‼︎


それでいて、お茶目で可愛らしいお人柄なのです〜☺️💞
















広大な大自然を全身で感じる

とても印象的すぎて、今でも忘れられない旅となりました🏕



そして、この旅がきっかけでその後も何度かこの地を訪れるご縁をいただきました🙏



久しぶりにその時の記憶が蘇ってきたので、ツラツラと綴らせていただきます!



旅のルートは セドナ → グランドキャニオン → モニュメントバレー → ナバホ居留地 etc...



全てがはじめての体験で感動の連続...😭




まず到着したのは、フェニックス空港✈️



バスでセドナへ🚌=



車窓からの景色には、なんと虹🌈が出てお出迎えしてくれました。















自然と融合した美しいアートに溢れたセドナの街並み。



自然と共存する中で、何かインスピレーションが湧いてくるのでしょうね✨



そして、乾燥した赤土の大地。



湿度がないからカラッとしているのですが、寒暖差があり、朝晩は少し冷やっとするので、




太陽が顔を出してくれた時の暖かさを有り難いな〜と体感したのをよく覚えています🌞






遥か昔は海の中のだったという話もあるセドナ。



自然の至るところにボルテックスを象徴するカタチ。



大地のパワーを全身で感じます。




セドナを後にして、いざグランドキャニオンへ🌄!!



到着した頃には、日が沈み、美しい空のグラデーション。
















『この時間がTwilightよ。』と教えてくれたゆきさん。



夕暮れの道をみんなで歩きながら、そんなひと時も大切な時間😌
















この後、更にネイティブアメリカン居留地への旅へと続く・・・🏕



ここまで読んで下さり、ありがとうございます👵




All good medicine 🌏💛



ヘナサロンYUU

〒253-0105

神奈川県高座郡寒川町岡田2-10-22

(JR相模線寒川駅より徒歩5分)

TEL 0467-75-2754
















閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示